ED治療の費用

Read Article

ED治療にかかる費用は人それぞれ

EDを根本的に治したいのか、その場その場でしのぎたいのかによって大幅に治療方法が変わってきます。根本から治すとなるとまず注意する点としては精神的疾患がないか判断することです。そうなってくるとEDの治療というより精神疾患の治療になり論点と少し離れてしまうので、あくまでEDの診察をうけ、薬を処方してもらうまでの費用について記述します。

ED治療薬のバイアグラ・レビトラ・シアリスは高い

日本で医師にED治療薬を処方してもらうとなると、初めて人は驚かれるかもしれません。診察代はもちろんバイアグラの場合1錠2000円前後となります。もちろんED治療は保険適用ではないため、全額負担となってしまいます。4錠処方され、診察代をプラスすると、1万円前後になってしまいます。病院によってはED治療薬の価格が前後するらしいですが、さほど差はないとのことです。したがって、ED治療にかかるおおよその費用は1万円前後とかんがえればいいでしょう。通院するとなるとさらに高額に…1度の診察で治るのなら1万円程度の出費は辛うじて納得できますが、これが、2度、3度の通院となった場合はかなりお財布に負担がかかってしまいます。これが日本のED治療の現状です。

ジェネリック医薬品が家計を救う

上記の治療方法ではいくらお金があってもたりません。しかし、ジェネリック医薬品を活用することによって大幅に安くED治療薬を服用することができます。しかしここで一つ問題点です。日本ではバイアグラ・レビトラ・シアリスのジェネリック医薬品はまだ存在しないのです。すなわち日本の病院を回ったところで安いED治療薬はないということです。これらを入手するには海外のジェネリック医薬品を個人輸入するしか今ところないのです。個人輸入ときくと大そうなことに感じますが、近年個人輸入というのは非常に簡単に通販感覚で誰でもできるようになったのです。実際に「薬通販」のサイトを検索すると複数の薬通販サイトがヒットします。これらのサイトでジェネリックの先進国であるインド製のお薬が多く取り扱われています。

アリピゾル ARPIZOL 15mg【エビリファイ・ジェネリック】10錠の効果と副作用

アリピゾル 15mg 10錠
アリピゾルは新しいタイプの非定型抗精神病薬で、第3世代抗精神病薬と呼ばれるエビリファイのジェネリック医薬品です。
アリピゾルの有効成分であるアリピプラゾールは、統合失調症、双極性障害における躁状態の改善、うつ病、既存状態で十分な効果が認められないうつ状態に効果を発揮します。
統合失調症は、陽性症状(幻覚、妄想、興奮)と陰性症状(無感情、意欲低下、自閉)がありますが、アリビゾルは、その両方に効果を発揮し、ドーパミンという神経伝達物質の働きを調整し脳内の情報伝達系の混乱を改善します。
アリピゾルは眠気や体重増加をきたしにくく、長期の継続服用が可能であるという特徴があります。

服用方法は、一般的には1日1回15mgとされていますが、初めて服用される方は10mgから開始したほうが良いかもしれません。年齢、症状により増減するため、詳細は、医師の指示に従ってください。

主な副作用として、不眠、神経過敏、不安、めまい、頭痛、傾眠、鎮静、浮動性めまい、落ち着きのなさ、うつ病、幻覚、妄想などがあります。
また、極稀ですが重篤な副作用として、悪性症候群、遅発性ジスキネジア、まひ性イレウス、アナフィラキシー様症状、横紋筋融解症、横尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡、けいれん、無顆粒球症、白血球減少、肺塞栓症、深部静脈血栓症があります。これらの副作用が見られた場合は直ちに服用を中止しして、医師に相談して下さい。

アリピゾル ARPIZOL 15mg 10pill in 1 sheet

http://sigmasolns.com/arpizol_15_10/

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)